日焼け防止サプリ

 

日焼け対策しないと…シミ、シワなど肌トラブルの原因に!

 

日焼け対策といえば、美白を目指している人だけの問題と思っていませんか?実際には、赤ちゃんへの日焼け対策まで気を付ける人が増えているほど、近年の紫外線は強烈になっています。真夏はもちろん、春先や秋などの季節も紫外線に要注意だといわれます。ここでは、日焼け対策とシミやシワなどの肌トラブルとの関係について、お話しましょう。

 

真夏と同等に要注意の春の紫外線

 

例年、桜が咲き始めてからG.Wにかけて、急激に陽射しがキツくなってきます。ポカポカして陽気がよくなって、気持ちいい!と無防備な姿でお出掛けしていませんか?

 

実は、春先の紫外線は、真夏の紫外線にも匹敵するほど強烈。この時期にしっかりと日焼け対策しないことで、知らず知らずのうちにシミやシワの原因を作ってしまう人も多いのです。

 

日焼け対策はしているという方でも、真夏ほどには対策しなくてもいいだろうと油断しているかもしれません。夏よりも弱めの紫外線だからといって、春の日焼け対策はほどほどにすればいいと思ってしまうのは危険です紫外線対策は、いまや一年中入念に行ったほうが、美しい肌を育てるために重要なことです。

 

日焼け対策はなぜ必要?

 

老いも若きも、なぜそんなに日焼け対策に夢中になるのかと疑問視している方もいるかもしれません。しかし、昔より今のほうが紫外線が有害化していることを知れば、ちょっと気になるのではないでしょうか。日焼けの代償は、すぐにやって来るとは限りません。

 

大抵は、10年20年してから深刻なシミやシワとなって問題視されるのです。若い頃もっときちんと日焼け対策をしておけばよかったと後悔しても、始まりません。気付いたときからすぐに対策を始めるのが、日焼けによる肌トラブルを防ぐ秘訣です。

 

日焼け止めの方法

 

日焼け止めというと、肌の上から塗るタイプの対策法を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。実は、日焼け止めには他にも何種類もの対策法があります。ここでは、日焼け止めの様々な方法について、紹介しましょう。

 

塗るタイプの日焼け止め

 

肌の上から塗ったり噴射するタイプの日焼け止めは、日焼け止め対策の主流です。何社ものメーカーから日焼け止め製品が発売されており、毎年春頃から宣伝も多くなってきますよね。肌に何か塗ることに抵抗を感じる人もいますが、外出前などにサッとひと塗りで日焼け止め対策ができるのは手軽です。

 

帽子や手袋などでの日焼け止め

 

最近、真夏の炎天下でも、黒ずくめの恰好で肌を露出せずに歩いている人を見かけることが多くなりました。ときには顔にも黒いマスクをして、目深に黒のサンバイザーをかぶっていたりするので、ギョッとさせられることもあるほど。本人的にも暑さやファッション性と戦いながらの日焼け対策をされているでしょうから、その苦労には頭が下がります。黒は陽射しを反射してくれる、それが黒ずくめの服装を日焼け止め対策とする人が増えている理由です。

 

日傘での日焼け止め

 

少しでも紫外線を避けたいと思い、日傘をさす人もいます。真夏の炎天下では、直射日光を避けるために有効でもありますよね。ただ、紫外線は頭上から降り注ぐだけでなく、日傘の下から横からも入り込んできます。そのため、完全な防御策とはいえません。また、人が多いところでは邪魔になってしまいがちな点も問題になっていますよね。

 

サプリメントでの日焼け止め

 

日焼け止めは、何も外側から対策することが全てではありません。むしろ、内側からも日焼け止め対策をしたほうが、効果的だといえます。紫外線を避けることも重要ですが、紫外線の影響を軽減できる体質になったほうが、日焼け止め対策には大きいのです。食事で日焼け止め対策になる栄養を十分に摂取できればよいのですが、サプリメントでの栄養補給も便利です。

 

クリーム塗るより簡単!日焼け止めサプリ登場!

 

最近になって注目され始めた、サプリメントによる日焼け止め対策。サプリメントは栄養成分を凝縮させた健康食品が主流ですから、以前から食事に気を遣っていた方にとっては、内側からの日焼け止め対策といっても目新しいことには感じられないかもしれません。しかし、内側からの日焼け止め対策は非常に重要で効果的。そこでここでは、日焼け止めサプリについて紹介します。

 

食べる日焼け止め対策

 

日焼けをしてしまったら後の祭り、シミができないように化粧品でアフターケアをするほかないと思っていませんか?そんなことにならないように、日焼け止めをせっせと塗っている人が多いのですが、ときには「もう日焼け止めを塗るのは面倒!」とおろそかになってしまうこともあるのではないでしょうか。

 

確かに、日焼け止めのローションやクリームを外出前にいちいち塗るのは面倒です。最近では屋内にいても紫外線の害を受けるといわれ、自宅にいても日焼け止めを塗っている人すら増えています。

 

そんな苦労をしなくても済むのが、日焼け止めサプリの利用です。日焼け止めサプリを飲んでいれば、日焼け止めを全く塗らなくても大丈夫というわけにはいきませんが、日焼け止めを塗るのに神経質になり過ぎずに済むのは気楽です。

 

また、日焼け止めを塗るだけでは対策しきれなかった日焼けによるシミやシワ問題にも対策していけるのが、日焼け止めサプリのメリット。サプリメントの原料も、ビタミン成分が中心ですから安心です。

 

食事で不足しがちな栄養補給に便利

 

日焼け対策に有効な栄養成分といえば、代表格はビタミンA・C・Eです。食事の栄養バランスに気を付けている人なら、ビタミンAやビタミンEが不足することはそうないでしょう。しかし、水溶性のビタミンCはこまめに摂取していなければ有効活用し切れません。そこで、食事で栄養が不足しがちな方、ビタミンCなどの水溶性ビタミンが気になる方には日焼け対策サプリメントをおすすめしたいところです。

 

日焼け止めに効果的なサプリ成分

 

今までは体の外側からの対策が主流だった日焼け止めですが、最近になってサプリメントを利用しても日焼け止め対策が話題になっています。ここでは、日焼け対策に効果的なサプリメントの成分について、紹介しましょう。

 

五大栄養素の一つビタミン

 

日焼け対策には、ビタミンの摂取が必須ともいえます。ビタミンといえば、五大栄養素の一つ。脂質・糖質・タンパク質を三大栄養素として、ビタミンとミネラルを加えたものが五大栄養素といわれています。

 

因みに、近年では食物繊維を加えて六大栄養素などという説もあります。とにかく、これらの栄養素を必要最低限以上摂取し続けなければ、健康な生活は維持しにくいということです。

 

日焼け対策はすぐには生命を揺るがすようなリスクにつながりにくいかもしれませんが、美意識の高い人が増えてきた中で美肌を維持しようとするのは当然のこと。美肌作りにはビタミンは欠かせませんから、日焼け対策にもビタミンのサプリメントを選ぶのは正解なのです。ビタミンの中でも、抗酸化作用の強いビタミンA・C・Eが不足しないように気を付けていれば、内側からの日焼け対策をしっかり行えますよ。

 

シトラスやローズマリーに注目

 

ビタミン以外にも、日焼け対策として注目され始めている成分があります。それは、シトラスやローズマリーです。シトラスといえば、ビタミンCを多く含む柑橘系のフルーツです。ビタミンCはもちろん、シトラスにはクエン酸も含まれます。シトラス系のフルーツに酸味があるのは、クエン酸のおかげです。クエン酸は、血流改善や美肌、疲労回復、ミネラルの吸収促進などに役立つといわれています。

 

他にも、リモネンやヘスペリジンなど、抗酸化対策などに良いとされる成分がシトラスには豊富です。一方、ローズマリーといえば、肉料理などに使われることが多いハーブです。別名「若返りのハーブ」と呼ばれることもあり、抗酸化作用や代謝促進に期待できます。

 

増え過ぎたメラニンを排出するためには、新陳代謝が必要。代謝が滞っている方は、ローズマリーに注目してみてはいかがでしょうか。

 

サプリなら敏感肌の方も日焼け対策可能!

 

日焼け止めではなく、日傘や身に着けるもので日焼け対策をしている人の全てが、美白命とは限りません。
中には、最低限の日焼け対策に日焼け止めのローションやクリームを使えない人もいます。敏感肌の人にとっては、一般的な日焼け止め用品の成分は刺激が強すぎることがあるのです。ここでは、そんな敏感肌の人でもできるサプリメントでの日焼け対策について、お話します。

 

日焼け止め用品に含まれる成分

 

日焼け止めを塗るだけで、紫外線をある程度防げるのはなぜでしょうか?それは、ほとんどの日焼け止め用品には様々な化学成分が使われているからです。一般的な紫外線防御剤には、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の2種類があります。

 

酸化チタンや酸化亜鉛などを原料とする紫外線散乱剤は、肌を覆って紫外線を反射してくれます。比較的肌への負担は軽いものの、短時間しかもってくれないなどのデメリットがあります。

 

一方、紫外線を熱エネルギーに変えることで吸収してくれるのが、紫外線吸収剤です。肌の上で化学変化を起こす成分ですから、肌への負担はより重くなります。しかし、より有害性の高い紫外線や長時間に対応しているのは、メリットといえます。

 

安心して肌に塗れる日焼け止めは?

 

最近では、敏感肌を考慮した日焼け止め用品なども発売されていますが、いずれにしても肌に長時間塗ったままにしておくのは肌の負担となります。その点、体の内側から栄養成分として取り込んで日焼け対策ができるサプリメントは、肌に直接的な負担を与えません。

 

もちろん上手に栄養のバランスをとって体の要素にしていく必要がありますが、そんなことも配慮して成分配合が行われているのが、日焼け対策サプリメントです。もう日焼け止めで肌に負担をかけたくない!という方は、日焼け対策サプリで栄養補給をすることを検討してみませんか?